大阪で評判の高いオススメの声優養成所を比較ランキング形式で紹介

声優養成所のレッスンに必要な持ち物はある?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/01/14

大阪で声優を目指して声優養成所に通うときに必要になる持ち物はあるのでしょうか。声の勉強をするのだから、何も持たなくても良いのでしょうか。そこで、養成所に通うときに必要になる持ち物について説明します。持っているか、持っていないかでは、その後の成長にも違いが見えてきます。

間違ったアクセントを正すことが大切です

声優養成所に持っていく必要があるもののなかにアクセント事典があります。アクセント事典というのは、正しいアクセントを学ぶために必要な事典です。

地域により、言葉使いは違うものがあります。同じ言葉を話していても、地方によっては独特のアクセントがあり、台詞の途中で違和感を覚える場合もあるのです。その理由は、日本語には標準語のアクセントがあり、正しい発音にすることで滑らかな発音になるのです。

アニメやゲームというのは、あらゆる地域の人が見るものです。できるだけ見ている人に伝わるように持っていることが大切です。ですが、アクセント事典を使っていても、わからないことも出てきます。わからないときには、講師に確認を取るなどして改善するように心がけましょう。

のどのケアのために必要になるグッズ

声優の養成所ではのどに関係するケアグッズを持っていくことも大切です。レッスンを続けていくうえで、声が出なくなってしまっては上達する機会を逃してしまいます。

特に、風邪の菌などはシャットアウトしておかないと、健康にも大きく関係してきます。マスクで菌の侵入を防ぐことが大切です。また、室内には加湿器を置くなどして、風邪などの菌から身を守ることにしましょう。

また、のど飴を選ぶときにはスーパーやコンビニではなく、ドラッグストアなどで販売されている医薬部外品ののど飴にすることが大切です。その理由は、医薬部外品のほうが有効成分が豊富に入り、殺菌成分が強いからです。

さまざまな方法でのどを日頃からケアするようにしましょう。ですが、医薬部外品の場合は刺激が強い場合もあるので、体に合わなかったらすぐに中止するようにしましょう。

繰り返し練習することが大切です

声優養成所へ通うときには、ボイスレコーダーを持参することも大切です。その理由は、授業ではベテラン声優からの指導を受ける機会もあります。

ですが、台詞の微妙なニュアンスは文字で残すことが非常に困難です。ボイスレコーダーがあれば、貴重な授業を録音しておいて、後から何度も聞き直すことができます。この場合、学校側へ事前に録音してもいいかどうかを確認しておくことが大切です。

また、自分の声を録音してみることもおおいに役立ちます。わずかな声のトーンだけで、印象はガラリと変わってしまいます。ボイスレコーダーに声を吹き込むことにより、客観的な観点から自分の声を判断することができます。

大切なことは、何度でも繰り返し聴いて自分の欠点を見つけることです。ボイスレコーダーを用意することが難しいというときには、スマホの機能を使うこともできるので、おおいに活用しましょう。

 

大阪の声優養成所へ通うときには、事前に持ち物を確認することが大切です。アクセント事典は、自分の発音が正しいかどうか、滑らかな台詞が言えているかどうかを判断するためにはとても必要なことです。また、声優はのどが何よりも大切です。風邪の菌などが入り込まないように、日頃からマスクなどをして防ぐことが大切です。

また、貴重な授業内容を録音するためにはボイスレコーダーを準備しておくことも大切です。繰り返し勉強することにより、更なる上達も可能になります。

これらのアイテムを使用するかしないかでは、その後の成長に大きく関係してきます。まず何を持っていったら自分の成長に役立つのかをよく考えることが大切です。

サイト内検索
記事一覧