大阪で評判の高いオススメの声優養成所を比較ランキング形式で紹介

声優養成所に通うためのオススメの服装は?

養成所への入所が決まれば授業の時間などが伝えられます。学校ではないので制服などは用意されないので、自分で着る服は考える必要があります。あまり場違いな服を着ていくと印象に影響するので注意して服選びをしましょう.

 

 

 

 

体を動かしやすいものを着ていく

制服などが決まっている学校であれば、決められた服を着なければいけません。専門学校などでは実習用の服が用意されているときもあります。では声優養成所ではどんな服装で行くのが良いかというと、基本的には自由です。どんな服を着て行ってもいいですが、入りたての時はできるだけ動きやすい服を着た方がいいかもしれません。声優は声を出す仕事なので声しか使わないと考えで、プロの声優になれば必ずしも体を動かすとは限りませんが、これから声優になる人は基礎から学ぶ必要があります。発声練習をしたり、セリフ回しをしたり、時には演技などをしたりすることもあります。あまりファッション性の高い運動などをするのに適さないものだと、遠慮しながら練習をしなくてはいけなくなります。自分自身のためになりませんし、講義を行ってくれる人に対しての印象も悪くなります。動きやすさで言えばジャージなどがいいのでしょうが、さすがにそれは恥ずかしいでしょう。夏ならTシャツなどでもいいでしょうし、寒い時期ならトレーナーなどを利用します。

だらしなくならないように気を付ける

声優を志す人にはアニメが好きな人が多いようです。すべての人ではないですが、あまり自分のファッションには興味を持たず、アニメに関する服を着る人もいます。もちろんそれぞれの好みなので何を着るかは自由ですが、声優養成所に通うようになるときには注意も必要になります。養成所では体を動かす訓練やひたすら声を出す訓練などもあります。その時にあまり服装に気を使わない人がいます。体を動かしやすい服ならいいですが、それを通り越してだらしなく感じる服を着ている人がいます。それもファッション問われるとそれまでですが、汚れが付いたままであったり、破れたままの服、コーディネートが合っていない着方などをするとだらしなく見える可能性があります。服がだらしないと、生活もだらしないとみられますし、訓練に対する態度もだらしなく見られてしまいます。少し休憩しているだけでさぼっているように見られるなどもあります。あまりだらしない服にならないよう、適度に相応のものを着るように心がけると良いでしょう。

実力が上ってきたらアピールできるもの

声優になるために声優養成所に通うとき、最終的な目標としては養成所が運営しているプロダクションに採用してもらうことになるでしょう。どんな形を採るかはそれぞれで異なりますが、卒業オーディションをするときもあれば、練習中に突然呼び止められていきなりプロとしてデビューなどもあります。いつチャンスが来るかわからないので、チャンスに備えた準備をしておく必要があります。

初心者コースだと体を使う訓練も多く、動きやすい服を着て養成所に来るのがいい時もあります。しかし初心者コースを抜けてある程度実践的な訓練になるとき、プロの声優としての身だしなみも意識する必要があります。服装は自分をアピールする手段の一つなので、自分の目指すスタイルに合わせたものを着ると良いかもしれません。どんな役がやりたいのかの希望があるなら、それをイメージさせるものを着るなどです。すると養成所の先生なども、練習態度と服などからその人のなりたい声優像が見えてきます。たまたまある配役を探していて、それに抜擢される可能性もあります。

 

初心者コースは比較的体を動かす訓練が多いので、体を動かしやすいものがいいでしょう。だらしなく見えないように注意しないといけません。実力が上ってきたら、少しずつ自分をアピールできるような服を着るようにしましょう。

サイト内検索
大阪声優養成所ランキング
インターナショナル・メディア学院
大阪アミューズメントメディア専門学校
日本ナレーション演技研究所
青二塾大阪校
代々木アニメーション学院
記事一覧