大阪で評判の高いオススメの声優養成所を比較ランキング形式で紹介

大阪アミューズメントメディア専門学校

大阪エリアの声優養成所比較ランキング第2位は、大阪アミューズメントメディア専門学校です。

大阪アミューズメントメディア専門学校では毎年70社以上の声優・芸能プロダクションを招いて、期間中は1日1社ずつ所属オーディションを開催しています。

エントリー制限はなく、希望するプロダクションを自由に選んで受験することが可能です。

この制度によって多くの生徒がプロダクション所属への道を切り開いています。

「個別相談」や「進路ガイダンス」、「模擬オーディション」なども行なっており、サポート体制も万全。

現場実践育成プログラムを採用し、即戦力として活躍できる声優を育成しています。

アニメや映画の吹き替え、ゲームやナレーション、ラジオやテレビ、舞台や歌手活動など声優の仕事は多岐に渡るもの。

その中で、ある特定のものに縛られることなく様々なシーンで活躍できる声優を育成するためのプログラムを行なっているのも、大阪アミューズメントメディア専門学校の特徴です。

毎年70社以上の声優・芸能プロダクションを招いてオーディションを開催している

大阪アミューズメントメディア専門学校は口コミなどでも評判ですが一番の魅力は、そのプロダクション所属学内オーディションの環境が整っていることと言えるでしょう。

毎年70社以上の声優・芸能プロダクションを学内へ招き、所属オーディションを開催しています。

期間中は1日1社ずつオーディションが行われ、エントリー制限がないので希望するプロダクションを何社でも自由に受験することが可能となっています。

この制度を利用し、大阪アミューズメントメディア専門学校から数多くの生徒がプロダクション所属の合格を勝ち取っている実績があります。

プロダクションへの所属合格率は準所属等も含めると60%以上にも上り、その他にも声優としてステップアップするための養成所への特待生合格等の割合も非常に高く、卒業生の多くが声優として次のステップへと歩むための道をしっかりと切り開くことに成功しています。

またサポート体制として「個別相談」や「進路ガイダンス」、「模擬オーディション」なども用意されているので声優業界の実状や各プロダクションごとにどのような特色をもっているか、どのような声優・人材を求めているかを事前にしっかりと把握することができます。学校側が長年の蓄積によって築かれた知識を元にしっかりとサポートを行ってくれるためオーディションを万全の状態で迎えることができるでしょう。

1人1人の実力をしっかりと見極めた上で授業カリキュラムを決定

大阪アミューズメントメディア専門学校では声優学科への入学希望者に対して「実力判定オーディション」なるものを開催しています。このオーディションではその名の通り、声優学科への入学を希望される方の声優としての実力のチェックが行われ、最終的には判定された実力に応じて入校するクラスが決定される形となります。

少し酷なのでは?と思われた方もおられるかも知れませんが、声優になるためには何が求められるか?自分には何が不足しているのか?という点を把握した上で少しづつ地道にレッスンによってそれらの要素を補いながら技術や演技力を高めていく必要があります。

逆に非常にレベルが高い人達と混じって素人の人が同じ高度な内容のレッスンを受けたとしても、その人はレッスンについて行けず途中で断念してしまうのが目に見えています。自分の実力に見合った適切なレッスンを受けることができるのは逆に良心的といっても過言ではありません。

大阪アミューズメントメディア専門学校であれば、声優として非常に高いレベルを有している方であれば声優プロダクションへの所属へと向けた高度なレッスンカリキュラムを提供している「マスターコース」へと飛び級のような形で入校することも可能なので声優としての実力に自信をお持ちの方にもおすすめができる声優養成所です。

舞台公演により幅広く演技力を高められる

大阪アミューズメントメディア専門学校の声優学科ではレッスンカリキュラムの中に「舞台公演」が含まれています。舞台で行う演技は声だけでなく体や顔の表情など全体を駆使して役柄を表現する必要があるため、舞台に取り組むことによってより声優としてのスキルやその幅を大きく向上させることができるでしょう。

大阪アミューズメントメディア専門学校には声優学科以外にも多くの学科が存在するため学生の数は非常に多いです。舞台公演では多くの学生達を前に演技を行うため舞台公演は授業の一部とは言え、もはや実践といっても過言ではありません。

現場実践育成プログラムを採用

大阪アミューズメントメディア専門学校では即戦力として活躍できる声優を育成するため、「現場実践育成プログラム」を採用しています。

アニメや映画の吹き替え、ゲームやナレーション、ラジオやテレビ、舞台や歌手活動など声優が活躍できる場所は実に多岐に渡るもの。

一つのジャンルに縛られることなく様々なシーンで活躍することができる声優を目指し、生徒は日々精進しています。

そのために最適なプログラムを大阪アミューズメントメディア専門学校は提供してくれます。

20周年を迎えた大阪アミューズメントメディア専門学校はOB・OGネットワークを発足させました。

末長く業界の第一線で活躍できるように、卒業してプロになった後もバックアップを行なってくれるのも嬉しいですね。

「産学共同」で知られている声優養成所

大阪アミューズメントメディア専門学校は、「産学共同」で知られている声優養成所です。

「産学共同」とはAMGグループがAMGグループの在校生や卒業生と連携してコンテンツを創造していく体制のことを指します。

大阪アミューズメントメディア専門学校ではこのシステムを活用し、在学中からプロの現場の雰囲気を体感することができます。

技術や意識を身につけるだけでなくそのスキルを就職や声優デビューへ活かすことが可能です。

音楽や携帯ゲーム、映画やTVドラマなどといった様々なコンテンツ制作や、本格的なレコーディングスタジオや声優プロダクションなどの環境設備をAMGグループとして整えることにより、大阪アミューズメントメディア専門学校の生徒は更なるチャンスを手にすることができるのです。

声優養成所として口コミ等の評判が良いことにもうなずけますよね。

AMG産学共同プロジェクト・AMGインターンシップ

すでに述べましたが、AMGグループは産学共同を目標のひとつに掲げています。教育機関である大阪アミューズメントメディア専門学校と産業の世界・アニメ製作会社が相互に協力し合って教育や研究の促進を図っているのです。その一環として在学中からプロの商品開発・アニメづくりに参加するプロジェクトを実施しています。

例えば、人気声優の岩田光央と鈴村健一がメインパーソナリティーをつとめるラジオ大阪の人気番組・『スウィートイグニッション』。この番組に学生の中から選抜されて出演することができます。番組アシスタントになれたり、最終的に勝ち残った学生はワンクールほどの期間、番組内でコーナーも持てるという、夢のようなインターンシップです。

さらに、ニルアドの通称で知られる人気恋愛アドベンチャーゲームを原作とするアニメ『ニル・アドミラリの天秤』への出演も企画。人気声優・梶 裕貴、岡本信彦らと、6人のAMGの生徒が在校のまま共演を果たしています。

オーディションに参加するまでにどのようなサポートがあるのか?

先に、「サポート体制」について述べましたが、具体的にどんな感じなのか?不安を覚える方もおられるかもしれませんね。ざっと以下のような流れとなります。

Step.1 進路面談
通常、声優業界にいないとわからないような知識や、声優プロダクションごとの特色など、さまざまな情報を直接レクチャー。2年に進級した段階から個人面談などで所属オーディション合格に向けて具体的なアクションを起こしていきます。

Step.2 プロフィール写真、ヴォイスサンプル作成+模擬オーディション実施
自分でフォトスタジオや、レコーディングスタジオなどを一から手配するのでなく、学校単位でサポートしてもらえるので安心です。模擬オーディションで実体験に近い練習が可能。

Step.3 プロダクションガイダンス→エントリー
実際にプロダクションの方が来校して概要を案内。プロダクションの内容を把握して、自身の個性や希望とすり合わせ。希望のオーディションにエントリーします。

Step.4 学内オーディション
学内で連日、オーディションが開催されます。ひとつひとつに出向くことを考えたら、これほど効率的かつ、恵まれたオーディション環境はありません。形式はプロダクションごとにさまざまですが、場の対応力が必要。しかし、これまで多くの先輩が所属を勝ち取っています。

大阪アミューズメントメディア専門学校を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

・先生が信頼できた

実際のプロに自分の実力にあった指導をして頂ける。生徒自身もプロとして活動することもあるので、自覚や経験を早く身につけることが出来る。卒業後は事務所所属や養成所への道がしっかりとできている。大小様々な事務所の方をお迎えして1日数社のオーディションが行われる。1社ごとのオーディションなので、じっくり時間を掛けて審査していただける。資格はありません。ただ実力をつけていくのみです。実際に仕事するにあたりお世話になる機材の取り扱い方などは身につけることができます。様々な観点からたくさんのプロの先生に来校していただけます。クラスの人数が多くても一人ひとりの実力はしっかり見抜かれるので、個々にあった指導をして頂ける。阪急京都線の西中島南方駅、大阪市営地下鉄御堂筋線の南方駅、JR西日本の新大阪駅が徒歩圏内の駅なので地方からでてきたとしてもあまり迷うことなく通うことが可能です。校内は一部屋に必ず一つはエアコンと空気清浄機があります。広い部屋が数箇所あるので、そこで舞台を実際に設営して公演することが出来ます。

引用元:https://www.minkou.jp/

→大阪アミューズメントメディア学院では毎年70社以上の声優・芸能プロダクションを招いて、期間中に関してはなんと1日1社ずつ所属オーディションを開催しています。この制度によって多くの生徒がプロダクション所属への道を切り開いています。投稿者さんも言っていますが、実際のプロに指導してもらえたり、生徒自身もプロとして活動することもあるので、自覚や経験を早く身につけることができます。現場実践育成プログラムを採用しているため、即戦力として活躍できる声優を育成しています。そのため卒業後は事務所所属や養成所への道がしっかりとできているのが強みです。生徒ひとりひとりにあった指導がされているため、個々に合った成長ができそうですね。

アクセス

住所:大阪市淀川区西中島3-12-19
最寄り:西中島南方駅より徒歩2分

サイト内検索
大阪声優養成所ランキング
インターナショナル・メディア学院
大阪アミューズメントメディア専門学校
日本ナレーション演技研究所
青二塾大阪校
代々木アニメーション学院
記事一覧