大阪で評判の高いオススメの声優養成所を比較ランキング形式で紹介

声優養成所に入る前に克服したい!日常生活のクセとは?

入校する前に治しておきたい癖

大阪の声優養成所に入れば声優になることも容易になります。
とはいえ、声優養成所に入学した後はかなり忙しくなるものです。
学校によっては修学期間が半年しかないところもありますが、この期間に発声法から実際のセリフ実習までこなさないといけません。
そんな入校後の学習をより効果的に行うためにも、入校前から直しておきたい・改めておきたいクセもあります。
この記事ではこのような入校前に出来る準備について紹介していきましょう。

 

こんなクセがある人は要注意!

声優は声を売りものにする仕事です。
通常では余り気にならない・問題にならないようなクセであっても、声優になるのであれば改めておきたいものもかなりあります。
例えば、話している最中に声が裏返ってしまったりする人は気を付けておきたいものです。
こうした声の裏返りはクセ・精神的な要因によるものも多くなっています。
声優は声質も常に一定でないといけませんから、こうした声の裏返りなどがあるのは厳禁です。
急に早口になってしまうなんてクセも直しておきたいところです。
早口になると声も聞き分けにくくなりますし、他の人とセリフ合わせするのも難しくなります。
話す際に一定の間があるという人もいるでしょう。
これも声優業をする際には支障になることも。
また、自分の声を録音して聞いてみるのも良いでしょう。
こうすることで自分の声にどのような問題があるかも解ってきます。
このようなクセも治すのにはある程度時間がかかるものです。
そのため、入校前から自分のクセを自覚して治していくようにしていくと良いでしょう。
とはいえ、ほとんどのクセは意識していけば確実に治していくことが可能ですから、気長に治していくと良いでしょう。
しかし、中には骨格上、自分ではどうにもならないクセもあります。
例えば、滑舌が以上に悪い場合にはクセではなく骨格上の問題であることも。
こうした場合は声優養成所に入校した後に専門家の指導を受けることでなんとかして行く他ありません。
人によっては矯正手術をする必要性も出てきます。
こうしたクセを治しておけばより学習も容易になり、同級生よりもより技術レベルを高めることも可能です。
逆にクセをいつまでも放っておくと発声法の練習をすることなども難しくなってきます。
このため、クセはなるべく入校前に治して万全の体制で入校しておくと良いでしょう。

クセの矯正以外にも入校前にしておきたいことは多い!

クセを強制することは大事ですが、他にもしておきたいことは多いものです。
例えば、遠方の声優養成所に通う際には引っ越し先探しや生活の準備もしておきたいところ。
他に、どのような声優になりたいのか決めておくことも大事です。
声優と一口に言ってもアニメ声優やナレーター声優など実に色々ありますし、どれを選ぶかで進路も大きく変わります。
こうしたことは早く考えておくに越したことはありません。
早く進路について考えを決めておけば学習にも身が入りますし、就職対策もしやすくなってくるのです。
入校前から試験の際などに知り合った同級生と仲良くなっておくのも良いでしょう。
友人が多ければそれだけ学習も容易になってきます。
ボイストレーニングなども自分でできますから、入学前から始めてしまっても全く問題ありません。
逆に早く学習を始めればそれだけ自信もつくでしょう。
このように入校前にしておきたいことはクセを治すこと以外にも多いものです。
そのため、入校前の時間を有意義に活用して実際に学習が始まった際に万全の体制でいられるようにしておきましょう。
実際、入校期間は短いものですから、事前の準備が大事です。

サイト内検索
大阪声優養成所ランキング
インターナショナル・メディア学院
大阪アミューズメントメディア専門学校
日本ナレーション演技研究所
青二塾大阪校
代々木アニメーション学院
記事一覧